ハチに襲われないように早めの蜂の巣駆除を

こんな行動を見たら要注意!ハチの威嚇行動を把握しておこう

ハチ

ハチは蜂の巣を守るために、外敵を威嚇する習性があります。威嚇だけでなく刺されてしまう可能性があるので注意してください。自宅で蜂の巣を作っていた場合は刺されないように、ハチがどのような行動を起こすのか知っておきましょう。外敵と判断すると、その敵の周りを飛び回るのです。他には音を出して警告してきます。羽を羽ばたかせて羽音を出したり、大あごを鳴らしてカチカチと音を出したりするでしょう。空中でホバリングしている状態は、狙いをつけているので危険です。

キイロスズメバチを家に寄り付かせないようにするには?

自分でできる対策として、キイロスズメバチが寄り付かないようにする方法があります。どこにでもあるようなものでできることなので、実践してみましょう。

身近なものでできるキイロスズメバチ対策

銅貨(10円玉)
10円玉に使用されている銅の匂いは、スズメバチが苦手とする匂いなので離れていきます。テーブルに10円玉を置いておけば近づいてきません。
カラフルすぎない服
昆虫は鮮やかな色を好む傾向があってスズメバチも同じです。派手な服だとハチを刺激してしまう可能性があるので、家の中ではシンプルな服を着用してください。
バジリコ
植物の中には、スズメバチが嫌う匂いがするものがあります。バジリコの匂いも苦手なので、玄関や窓に設置しておきましょう。

専門業者はどうやって蜂の巣を駆除するの?

ハチの巣

蜂の巣を駆除するプロである専門業者は、素人とは全く異なる方法を行ないます。ここで、一般的な駆除の流れとサービスの内容を見てみましょう。

専門業者による蜂の巣駆除の流れ

蜂の巣に近づいて薬剤を散布する

周囲に人がいないか確認をして、ハチを刺激しないように蜂の巣に近づいて駆除剤を散布します。スプレータイプの薬剤なので、効率良く駆除することが可能です。

蜂の巣を捕獲する

薬剤を散布した後は、ハチが蜂の巣から出ないように素早く蜂の巣を捕獲します。捕獲した後は蜂の巣からハチが出てこないように袋に入れます。

薬剤を袋の中にも散布する

袋に入れても中にはまだ駆除できていないハチがいる可能性があります。袋から出てこないように、念のために袋の中にも薬剤を使用するのです。

周りにまだハチがいるかチェックする

薬剤を散布した際に蜂の巣から飛び出したハチや、蜂の巣から離れていたハチがいるでしょう。駆除業者は巣だけでなく、駆除できなかったハチが周囲にいないこともしっかり確認します。

退治したハチを確認する

今回退治したハチの種類を確認して、今後同じ所に蜂の巣を作らないように対策をしてくれるでしょう。

蜂の巣駆除やハチの退治は信頼できる業者に依頼しよう!

優良業者を見極める3つのポイント

蜂の巣やハチを退治したいのであれば、専門知識を持っているプロに駆除してもらうのがベストです。確実に駆除してもらうには、優良業者を選ぶ必要があります。以下の3つのポイントを押さえておくと、悪徳業者に引っかかることはないでしょう。

①豊富な実績
今までに多くのスズメバチの駆除を行なってきている業者ならば、様々な種類のハチの駆除を行なっているので効果的な駆除方法を知っているはずです。実績が多ければ確実に蜂の巣を退治してもらえるので、安心して依頼することができます。
②費用が高すぎず安すぎない
優良な駆除業者は、見積もりの際に分かりやすい説明と料金設定をしているので費用に納得することができます。料金が安すぎると雑な作業をする可能性がありますし、見積もり後に追加料金を請求する可能性があるでしょう。見積もり以上の金額が発生しないか確認しましょう。
③相談できる環境がある
相談サービスが充実していれば、初めて駆除を依頼する人でも安心して話すことができるでしょう。お客さんのために親身に相談に乗って現地調査について分かりやすく説明してくれる業者を選ぶことが大切です。
BackToTop